当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
デザインカスタマイズ編

デザインカスタマイズ

思い通りにサイトをカスタマイズ

CSS(カスケーディング・スタイル・シート)のサポート

CSS(カスケーディング・スタイル・シート)は、WEBサイトの文書構造とデザインを分離させる上で必要不可欠な技術です。 しかし、注意しないといけないのが大規模サイト運用時にメンテナンス性が低下する恐れがある点です。

i-SITEでは、WEBサイト全体・ページ単位・モジュール単位と適用範囲を切り分けたCSSの管理ができ、大規模WEBサイトでも見た目の統一感とユーザビリティの確保が自動的に行えます。

CSS階層管理


継承機能によるデザインの統一性

トップページに表示したモジュールを他のページにも表示するというような機能もあり、これを継承機能といいます。 継承機能を使うとページ作成の負担を大きく軽減するとともに、デザインの統一感を保つのにも役立ちます。具体的にはヘッダやフッタを上位階層のページに配置し、継承するだけで下階層のページでは何もしなくても同じデザインのヘッダ、フッタを利用することが出来ます。

この機能は大規模なサイト運用を行っている際には特に重要です。サイト全体のシステム管理者や各部、各課の管理者が用意したページの下階層ページを末端の編集者に対し開放すればデザインの統一性を保ちながらマンパワーを生かしたコンテンツ入力が可能となります。


 継承機能