C#

本文にジャンプします

i-SITEでは独自のデータベース利用など、標準機能では対応できない場合を想定して、ASP.NETのコンポーネント化技術を利用してC#やVB.NETなどでコーディングされたプログラムをモジュール化して利用することが可能です。もちろんi-SITEで提供しているセキュリティやユーザー管理など基本機能はそのモジュールでも有効です。

ASP.NETにおけるコンポーネント化技術とは、「ユーザーコントロール」と呼ばれるHTMLとサーバーサイドスクリプトで構成されるカスタムコントロールです。このコンポーネント化技術は以下のような特徴を持ち、i-SITEでも機能を活用しています。

  • 複雑なUI要素を細分化し、再利用可能なコンポーネントに変換します。
  • 個々のユーザーに応じたページを動的に作成します。
  • サブページレベルで出力キャッシングを強化します。つまり、一部の静的ページコンテンツをキャッシュしながら、他のコンテンツを動的に表示するような機能を実装します。

出展:「プログラミング.NET ASP.NETによるサーバーサイド開発」 マイクロソフト公式解説書、日経BPソフトプレス刊

i-SITEでは標準のモジュールもこのコンポーネント化技術を利用していますが、サーバーサイドスクリプトはコードビハインドという手法でHTML部分とは分離して、i-SITE本体と共にコンパイルして一体化して提供しています。HTML部分はascxファイルと呼ばれる小さなファイルに記述され、それがブロック(=モジュール)としてページを構成します。このファイルのHTMLを改変して同じ機能でもビジュアル部分は異なるモジュールを作成できます。

これに対し、プログラム部分を含むモジュールは「プログラムフレーム」と呼ばれるモジュール定義で提供されます。このモジュールでは従来のASPと同様にHTMLによるビジュアル要素とサーバサイドスクリプトであるソース・コードを1つのascxファイルにまとめて記述しています。ascxファイルは自動的にコンパイルされ、ASP.NET上でi-SITEに組み込まれて動作します。これによりWebアプリケーションを作成する上で面倒な、セキュリティ管理やページ管理などはi-SITEの機能を利用し、必要な機能だけコーディングしてサーバー上のリソースに接続し、活用することが可能になります。