見たまま編集編

本文にジャンプします

目的のページを開いて直接編集

i-SITEが優れた操作性を実現できた理由に「今、ブラウザで見ているページの情報を直接、編集できる」という点が挙げられます。 編集者が情報を編集するときには、まず編集したいページを表示します。 ページが表示されたらログインして、後はページの各所に配置してあるモジュール(機能ブロック)をクリックして設定したり、 文書を編集したい部分で文書エディタを表示させて内容を修正したりできます。 i-SITEは、あらゆる場面で「見たままをそのまま反映」することができるCMSです。
見たまま編集


HTMLエディタによる
コンテンツ作成

CMSを使う上で大前提となる条件は「HTMLを知らなくてもWEBに情報発信できる」ことです。 つまり、WEBサイトの運用が本業でない人でもWEBサイトが簡単に更新できることが重要です。i-SITE に標準で搭載されているHTMLエディタを使えば、HTMLの知識を必要とせずにコンテンツの作成が行えます。 HTMLエディタは、いわゆるWYSIWYGエディタと呼ばれるもので、入力した内容とデザインを、そのままページに表示することができる機能です。 HTMLエディタを使うと、リンクを設定することはもちろん、文字を太くする、文字の色を変える、表や画像を挿入するといった操作もマウス操作だけで実行できます。 さらに、見栄えの良いコンテンツを登録し、利用できるテンプレート挿入機能も搭載しています。
作成されたコンテンツはXHTML1.1に準拠したHTMLコードとして保存されます。
コンテンツ編集


HTMLエディタと定型入力フォームによる
コンテンツ作成と変更

i-SITEのHTMLエディタには、見たまますぐのWYSIWYG編集モードやテンプレート挿入機能のほかにも、画面に表示されている項目に文字を入力するだけで、 見栄えの良いコンテンツを作成することができる「定型入力フォーム」機能が搭載されています。
コンテンツ編集
既存コンテンツの流用も簡単で、MS-Officeアプリからのコピー&ペーストも行えます。
他にも不要なタグの除去機能、ファイルアップロードや簡易画像加工、HTML属性設定支援、テーブル作成支援、インラインスタイルシートビルダ、イメージマップ編集、HTML整形表示、入力コンテンツの各種チェッカなどがあります。

コンテンツ編集
定型入力フォームはASP.NET標準ファイルとXSLファイルでカスタマイズ可能です。
入力されたデータはXMLで保存されます。保存されたデータはXSLでHTMLに変換され、表示されます。

誰が何時、どのような編集が行ったかの履歴が保存され、文責表示が可能です。また履歴内容の復帰ができます。掲載期間の設定や承認を要するコンテンツの設定が行えます。


サイト移行に関する機能

Webサイトを構築する場合、まったく新しく作成する以外に、すでに存在しているWEBサイトからの移行の場合もあります。 i-SITEは、旧来のWEBサイトからの移行作業を支援する機能を用意しています。 ブラウザに表示されているページを選択してコピー&ペーストで貼り付ける機能、 元サイトからファイルや画像を取り込む機能など面倒な移行作業をスムーズに行うための仕組みがあります。
コンテンツ編集