ポータルサイト向け

本文にジャンプします

ポータルサイト向けソリューション

ポータルサイトの現状

ポータルサイトには、地域ポータルサイトや女性向けポータルサイトといった特色あるWEBサイトが数多く存在します。これらポータルサイトを運用する上で特に重要なのが、他のポータルサイトと明確に差別化できるサービスがあることと、高品質の情報を数多く提供し続ける仕組みが用意されていることです。そのためには、高度なサーバー管理技術と運営体制の確立が求められます。これらの要望を満たしアクセス増加につながる仕組みとしてCMSを導入することは、もっとも優れた解決案といえます。

ポータルサイト運営で発生する問題

独自システム技術の開発に時間をとられる
独自のシステム技術開発だけでなくWEBサイト全体の品質維持も重要です。
情報の質と量の維持が困難
膨大な量の情報を適切に維持・管理できなければ持続的なアクセス増加は期待できません。
高度なサーバー管理技術が必要
メンテナンス性の低さはトラブルの原因になるほかに管理費用の増加は運営収益の確保を阻害します。
運営体制が整えられない
明確に編集権限を振り分け、更新作業の分担ができなければ情報品質の低下を招きます。
i-SITE導入で得られる成果
独自システム技術の開発に集中できる
多くの機能を標準で備え自由度の高い編集が可能なi-SITEを利用することで、企画からサービスのローンチまでを短時間で実現できます。情報管理はi-SITEに任せ、後は高い拡張性を利用して独自機能を開発することに専念でき、それをi-SITEに組み込んで利用できます。
情報品質の管理が容易
ウェブブラウザだけで情報を更新できるi-SITEは、HTMLの知識を必要とせず多くの部分を自動で処理しながらWEBサイトを構築できます。さらにシステム標準でSEO対策が施されており、アクセシビリティにも優れたWEBサイトを意識せずに運用できます。
高信頼性・低コストのサーバー管理
Windowsベースのi-SITEはTCOの低さで優れており、高い信頼性と低いコストでサーバーを管理・運用し続けることができます。バックアップツールも標準装備なので安心のサイト運営を実現できます。
豊富な編集作業の分業機能
i-SITEは編集作業を分担・制御するための仕組みを用意しています。承認ワークフローや編集者別に編集可能なページを制御するロール機能、情報の掲載期間指定などを利用すれば、情報の管理コストを低く抑えられメンテナンス性も向上します。